|||
| | |
logo

無毛症・乏毛症の治療と植毛費用

| 無毛症・乏毛症の原因

① 遺伝的な原因
② ホルモンの不均衡
③ 継続的な毛髪除去による毛嚢のストレス
→ ほとんどの貧/無毛症の患者は、正確な理由や要因なしに発生する場合が一般的です。


| 植毛で貧/無毛症が治療されるか

貧毛症や無毛症の場合、毛髪の脱毛とは異なり、薬物及びホルモン治療で効果が現れません。一方、一度の植毛で毛嚢が生着すれば、植毛した部位に正確に毛髪が育つ植毛が最も早く確認された治療法です


無毛症・乏毛症の事例

貧毛、無毛症は陰毛の密度に応じて診断を下すことができます。

■ Case 1 無毛症

■ Case 2 直線型の陰毛がまれにあり

■ Case 3 巻き型の陰毛が、少し密度感をもってあり

■ Case 4 巻き型の陰毛が、平均的な成人の密度よりも少し低い程度。


| 無毛症デザイン

モジェリムは、陰毛デザイン、陰毛の方向と角度、分布などに対する科学的分析と手術方法のノウハウを持っています。それで、本来の陰毛のように自然な結果を期待することができます。


| デザインのタイプ

無毛症デザインは、大きく逆三角形、ひし形、ダイヤモンド型、分散型に分けられます。

01

 近年ではビキニラインに合わせて、逆三角形の形に毛髪の流れを作る方式で自然な形を作ることができます。:下着の境界ライン、既存の施術デザイン、最新施術デザイン

무모증_일어_02-5

 


| モジェリム科学陰毛デザイン

01

Step 1 – 植毛された毛の密度。陰毛は植毛時に3つの部位に分けて、密度と角度を区別します。

1) 中心部位:13~17hair/cm2
2) 中の部位:15~30hair/cm2
3) 端:恥骨上部から大陰唇の上部まで密度が最も広い部分になり、端に行くほど密度が少しずつ落ちるようにするのが最も自然です。
額植毛とは異なり、高い密度は必要ないので、ほとんど1回の手術でも、十分な密度が出るようになります。
生着率は、6ヵ月後の測定時で平均80~90%程度です。


02

Step 2 – 植毛される毛の角度

1) 中心部:20~40度
2) 中の部位:40~50度
3) 端:20~30度
植毛時に毛嚢と皮膚の間の角度は、最も自然に毛髪が成長することができる20度を維持して、全体的に植毛されます。
より自然な角度のために、中から外に行くほど角度が再び少しずつ狭くなって20~40度程度の角度で植毛されます。

 


| 手術前のチェック

1) 皮膚が垂れたり伸びて、正確な解剖学的分析が落ちる60代以上

2) お腹の肉が下に垂れた恥骨上部を持っている場合

3) 過去に帝王切開を行なった手術の傷跡を持っている人

4) 特異事項がある人は、さらに十分な相談を経た後、デザインをすることになります。